フットサル事業のご提案

不動産活用でこんなお悩みございませんか?

  • なるべく初期投資をかけたくない。
  • 長期間、安定した収入を得たい。
  • 管理はお任せしたい。
  • 税金を安くしたい。

フットサル施設事業での不動産活用はいかがですか?

不動産活用としてのフットサル施設事業の有効性

地域貢献

地域住民の健康づくりへ貢献し、人々のコミュニケーションもよくなることで、地域活性化につながります。

自己所有

土地(建物)を所有したまま広い面積を有効活用することができます。

長期安定

賃貸借契約の期間が5~10年と長く、広い面積を一括で賃貸するため、長期間安定して収入を得られます。

出店の容易さ

出店に伴う法的規制が少ないので、容易に出店することができます。

管理の容易さ

施設管理や修繕・維持は当社が行うため、土地オーナー様は管理の手間がかかりません。

節税効果

土地固定資産税、所得税、相続税の節税効果が見込めます。

屋外型フットサル施設事業 4つのメリット

メリットその1
ローコストでの事業開始が可能

コートは照明用建柱とアスファルト路面のため、敷地開発が比較的容易でローコスト(少ない初期投資)で事業を始めることが可能です。

メリットその2
本格的建物建設は不要

クラブハウスは簡易的な構造で、RC造などの建築物は不要です。
また、空き倉庫等の居抜きも可能です。

メリットその3
フットサル以外でも活用が可能

ロングパイル人工芝の特性を活かし、フットサル以外でも多目的にコートを活用することができます。

メリットその4
事業期間終了後も撤退が容易

事業期間が終了した後に、土地を容易に更地へ戻すことができます。

フットサル施設事業を成立させる為の出店条件

希望出店地域 東京・神奈川・埼玉・千葉・名古屋・大阪・兵庫・京都・奈良 その他 政令指定都市
出店タイプ 単独店舗タイプ
複合テナントタイプ
ロケーション ロードサイド
ターミナル駅周辺
賃借面積(事業用地) 借地面積(事業用地目安)  1500m²~10000m²

上記の条件に当てはまる土地をお持ちの方はお気軽にご相談ください!

  • お問合せはこちら

フットサル施設の事業用地の概要

都市計画法による用途地域別、フットサル施設の建築制限
用途地域 建設可否 建築条件
第一種低層住居専用地域 ×  
第二種低層住居専用地域 ×  
第一種中高層住居専用地域 ×  
第二種中高層住居専用地域 ×  
第一種住居地域 3,0000m²以内
第二種住居地域  
準住居地域  
近隣商業地域  
商業地域  
準工業地域  
工業地域  
工業専用地域 ×  
市街化調整区域 制約はあるが建設可能

フットサル施設事業建設パターン

屋外型

初期投資:
低い
投資回収:
短期

屋内型

初期投資:
高い
投資回収:
長期

屋上型

初期投資:
高い
投資回収:
長期

オープンまでの流れ

  1. ご相談
    事業用地有効活用のご相談
  2. 調査・分析(2~3週間)
    ・立地環境調査
    ・建築工事施工関係調査
    ・商圏調査、消費者動向調査
  3. 設計・計画(2~3週間)
    ・施設設計、工事費概算見積
    ・事業収支計画策定
    ・運営コンセプト策定
  4. 契約・施工(2~3ヵ月、建築確認申請)
    ・運営関係に関する契約締結
    ・施設建設に関する契約締結
    ・法的手続き完了後施工開始
  5. 開業準備(2週間)
    ・人員計画の策定
    ・開業事前PR広報
    ・運営マニュアルの整備他
  6. オープン
    運営管理

運営委託受託(新設案件から既設施設運営委託まで)

これから新設される施設は勿論、既存の施設に関しましても、弊社が代行して運営を行う「運営委託方式」での受託も可能です。
弊社が培ったノウハウを活かし、施設用地を活性化、有効活用を行います。

上記の条件に当てはまる土地をお持ちの方はお気軽にご相談ください!

  • お問合せはこちら